はじめに

本サイトでは配布型ブラウザゲーム「Farland History」を元に「新約・Farland History」の制作を行っております。

テスト公開の時期

「新約・Farland History」の第一回動作テストを終了しました。第二回動作テストは4月2日となります。
プレイする人をかなり選ぶようなかなりのマゾ仕様となっております。

装備コスト(完了)

すべての装備にコストが設定され、プレイヤーごとに算出されるコスト内でしか装備が行えません。

装備タイプ(完了)

武器、防具、アクセサリーに装備タイプが追加しております。
武器であれば片手剣(盾装備、二刀流可能)、両手剣、槍(盾装備可能)、斧、杖(魔法系技威力補正)
防具であれば服、鎧(攻撃速度低下)、マント(魔法系技威力補正)

従来のFHでは威力300超えなどが数多く存在しましたが大幅な下方修正を実施しております。
ノーマルが上限80ほど、レアが上限120ほど、レジェンド級が上限200ほど(武器、防具時)となっております。
アクセサリーの場合は上限値がさらに1/4となっております。

装備のレア度(完了)

従来のFHでノーマル、レア、激レア(実際にはノーマルとレアの2種)に分類されていたものを新たなレア度に変更しました。
ノーマル、ノーマル+(刀匠で強化済みのノーマル装備)、レア、レア+(刀匠で強化済みのレア装備)、レジェンド級、レジェンド級+(刀匠で強化済みのレジェンド級装備)
そのほかに鍛冶など生産装備は別のレア度を設定することで判定を行います。

装備のドロップ補正(完了)

ドロップ品が装備の場合、レア度に応じた数値の乱数分、威力と重さが増減します。
また装備にアビリティがある場合、低確率で1ランク上のアビリティに入れ替わることがあります。
入れ替わりが発生した装備の名前は〇〇・弐式へと変化します。

二刀流(完了)

武器が片手剣の場合、左手にもう1本片手剣を装備できるようになります。
片手剣は両手剣と比較すると初期状態でも改造状態でも威力は著しく劣ります。

片手装備のメリットとデメリット

メリットは両手剣では攻撃回数がどれだけ多くても技が同じターン内に発動する回数は制限があります。
片手剣の場合は単純に同じターン内に発動できる技の回数が増加します。
デメリットは両手装備と比べて装備の威力そのものが著しく低いこととなります。
また、片手剣のアビリティは発動率が2/3になります。

両手装備のメリットとデメリット

メリットは装備単体の威力は片手剣装備と比較した際に大きな差があります。
デメリットは片手剣装備と比べて技が同じターン内に発動する回数が少なくなります。

防御の仕様変更(完了)

防御関係の仕様が大幅に変更となっております。
重要な変更点は以下の通り。

①防御力は戦闘開始時に防具の防御力と生命力によって算出されます。
②防御強化のアビリティは算出後の防御力にのみ影響します。
③防御力は攻撃を受けるごとに戦闘中の間は減少していきます。

攻撃力の計算式(完了)

攻撃力の計算が大幅に変更となっております。

技威力の計算式(完了)

技威力の計算が大幅に変更となっております。

攻撃速度の計算式(完了)

攻撃速度の計算が大幅に変更となっております。

攻撃回数の計算式(完了)

攻撃回数の計算が大幅に変更となっております。

装備生産(完了)

ツリー式の鍛冶に変更。
1段階目(3種)→2段階目9種→3段階目12種→4段階目12種→5段階目24種

※自作装備に限って名称を一度だけ変更可能とする。ただし既存装備の名称は使用不可。

装備強化(暫定)

某所で不評だった刀匠を作り直し。

LVの影響の見直し(完了)

従来直接的にLVは影響していませんでしたが今作では各所に大きく影響してきます。
第一に後述するアビリティポイントの総量が主に現在のLVによって変動します。
次にダメージ倍率がLVに応じて段階的に変化します。

職業の見直し

職業の系統を整理します。
予定では、剣士系、魔法使い系、弓士系、忍者系、商人系

職業熟練度の見直し(完了)

従来は戦闘を行うと通常の熟練度と職業熟練度が同じだけ取得できていましたが職業熟練度はLvが上昇した際に取得に変化します。
この仕様変更に伴って職業熟練度の各々への影響が大きく変更となっております。
予定では影響は 乱数(熟練度/x~y)
x~yは職業により変動するが10~100の幅で10刻みの予定。
従来の職業補正ではなく密接に職業熟練度が影響するようになります。

転職条件の見直し

職業熟練度、ステータス、職業経験・・・

種族の見直し(暫定)

種族の大幅追加を実施します。
Lvアップ時のステータス成長は種族に応じて乱数幅が決定されます。
また種族ごとに固有アビリティが設定されます。

アビリティの見直し(作業中)

アビリティごとにセット時のアビリティポイントを設定し、セットされているアビリティの合計が一定を超えるとセットができない。
従来修行でのみ取得していたものを変更しております。
熟練度を消費しての『修行』、特定の職業で条件を満たすと取得できる『閃き』、アイテムを使用することで取得できる『習得』の3パターン程度です。
また、アビリティの装備スロットをメインアビリティ(覚えているものであればセットできる)、ジョブアビリティ(覚えているもので現在の職業に対応したアビリティのみセットできる)
サブアビリティ(一定以下のアビリティポイントのアビリティのみしかセットできない)の3か所に変更しております。

アビリティの種類としては『攻撃系』、『防御系』、『補助系』、『その他』に属性が設定されております。
『補助系』に関してはアイテムドロップ率上昇のような従来のものから職業指定のアビリティではセットすることでステータス補正が発生するものまで多数用意をしております。
『その他』に関しては鍛冶、精錬、錬金術のような施設利用のためのものとなっております。

ショップでの買い取りの仕様変更(完了)

従来レアアイテムは固定価格で買い取られていたものをアイテムごとに設定に変更。

転職システム

調整中

転生システム

転生内容については調整中
各限界値と各種職業熟練度には段階的に上限が設定されます。
限界値は300+(転生回数×10)
職業熟練度は1000+(転生回数×250)

個人倉庫

コレクション(暫定)

通常ダンジョンで戦闘を行い勝利したときに『コレクションアイテム』を低確率で取得できます。
同種のコレクションアイテムのセットを集めることで報酬を受け取ることができます。
また討伐でコレクションアイテムを他プレイヤーから奪うこともできます。
ただし奪った場合はお知らせに表示されるうえ、犯罪値というステータスが上昇します。

称号

未定

高級旅館の仕様変更

未定

ダンジョンの作り直し

未定

酒場クエスト

未定

錬金術の仕様変更

未定